個人輸入の危険性

個人輸入とは、個人が海外から個人的に何かを買って国内に持ち込むことですが、海外に旅行に言って、現地で買い物をしてそれを持ち帰るのも個人輸入になります。

 

輸入できない違法品や生もの以外を、個人が使用する常識的な数量で持ち込む場合は、通関手続きや検疫などが免除されていて、インターネット上の海外の通販サイトから自分が使用する目的で商品を取り寄せるのも個人輸入の方法の1つとなっています。

 

個人輸入で医薬品や化粧品を取り寄せることも、違法品でなければ問題はありませんが、しかし日本国内で未承認の医薬品などを個人輸入で取り寄せて使用する場合は、どうしてもリスクがあり、副作用などの危険性のことを十分に理解して使用しなければいけません。

 

日本国内で正規に販売されている医薬品や化粧品の場合は、その品質や有効性が医薬品医療機器等法に基づいて確認されていますが、個人輸入した外国製の医薬品などにはそのような保証はありません。

 

まつ毛を長くするのに非常に高い効果があると、女性の間で人気となっているケアプロストというまつ毛育毛剤も、日本では未商品の医薬品で、この商品を手に入れるのにもほとんどの人は海外の通販サイトより個人輸入で取り寄せていますが、万一副作用やアレルギーが出ても保証はないということをしっかりと理解した上で使用するようにしなければいけません。

 

いまのところケアプロストで失明など重篤な副作用を起こしたという報告はありませんが、目の痒みや充血や色素沈着などの軽度の副作用の報告は数多くあります。