医薬品の個人輸入について

薬局やドラックストで販売されている薬は、当然厚生労働省から認可されていますが、外国製で厚生労働省から承認されていない医薬品は、日本国内の薬局などで販売してはいけないことになっています。

 

しかし個人で使用する医薬品に限っては、海外の未承認の医薬品でも輸入できるようになっていて、海外旅行に行った時に薬局などで購入した医薬品でも、違法品でない限りは問題なく持ち込むことができるようになっています。

 

しかし個人でそのような薬を持ち込んで使用する場合は、何かあっても自己責任だということは十分に理解しておかなければいけません。

 

個人輸入で医薬品を日本国内に持ち込み際には、税関で関税や消費税を課税されることはありませんが、一定額を超えた場合は、個人的な使用とみなされないことになり、課税されるケースがあるので注意が必要です。

 

最近女性の間で人気となっている外国製の医薬品に、ケアプロストというまつ毛育毛剤がありますが、これも日本では未承認の医薬品のため、使用するには個人輸入しなければいけないようになっています。

 

ケアプロストはわざわざ海外に行って持ち帰らなくても、海外の通販サイトから手軽に購入うできるようになっていて、ほとんどの人は通販から手に入れていますが、その場合も1回で購入することができる量は決まっていて、欲しいだけ一度に取り寄せることはできないようになっているので、医薬品を個人輸入する時には、購入量や金額には十分に注意するようにしましょう。